腎臓内科|こどもの国・玉川学園前で内科をお探しなら渡辺医院へ

腎臓内科|こどもの国・玉川学園前で内科をお探しなら渡辺医院へ

0459628126

ご予約はこちらから

腎臓内科

腎臓内科について

腎臓内科について

健康診断で尿の異常(タンパク尿、潜血尿)が見つかった場合、血液検査でCr(クレアチン)の値が高い、あるいはeGFR (推算糸球体濾過値)が低いと指摘された場合に相談を受け付けています。
その他慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全に関する病気を中心に診療を行っています。

腎臓内科 二次性高血圧の原因

代表的な二次性高血圧を以下に説明します。   1.腎性高血圧 腎臓の病気で起こる高血圧です。特に腎炎による高血圧が多く、腎炎の治療と日常生活の改善や薬による治療が必要です。   2.腎血管性高血圧 腎臓に行く動脈(腎動脈)が部分的に細くなり、十分血液が流れなくなることにより反応性に血圧を上昇させるホルモン(レニン)の分泌が起きて高血圧にな...

・・・続きを読む

腎臓内科 起立性タンパク尿(生理的タンパク尿)

起立性タンパク尿とは、安静に横になっている時や、寝ているときはタンパク尿が出ないが、立っている時や、腰を曲げたりする時(体位の変化)にタンパク尿が出るものをいう。 生理的タンパク尿とも呼ばれ病的意義が少なく10歳代の若年者に多くみられる。長期間持続する場合もあるが、予後は良好であるため、病的タンパク尿との鑑別が重要である。 正常な人は、1日に10~100mg...

・・・続きを読む

ページトップへ